イツキ、送別会は全員強制参加にすべきだってよ。
ミチ「今日の送別会、3人しかいませんけど……まあ、楽しんで」

 

イツキ「おいおい、ちょっと待ってくれ。

 

 おい、どうして僕の送別会が3人なんや。ん?」

 

ミチ「君抜いたら2人や」

 

※古き良きCM《ホ●トペ●パー送別会編》より

...続きを読む

テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

【 2017/04/19 02:10 】

| ヌルい短編 | コメント(2) | トラックバック(0) |
FC2トラックバックテーマ 第2251回「映画を見る時は映画館?お家?」
「映画を観るなら、やっぱり映画館だよね」

 

「うん、そうだね……。でもさ、いつ何時幽霊が襲って来るかも知れない場所で
 どこの誰が念写して何が映ってるかも分からない薄気味悪い映像
なんかじゃなくて、
 さっさとこんな村を出て、ちゃんとした映画館でちゃんとした映画を観ようよ……」

******************************

みなさんこんにちは、人生初の映画館で【女子呪】を観た時の感動が忘れられず
『家庭用プロジェクターを買ってみようかな』と悩んでおりましたがよくよく考えると
ソレ以外に観たい映画も無く値段も高いと諦めざるを得ない、無念な月華です。

FC2トラックバックテーマ 第2251回「映画を見る時は映画館?お家?」


さて、みなさんは映画館と自宅のどちらで映画をご覧になりますか

かつての時代は、映画を観るとなると映画館へ足を運び・意外に高い料金を支払い・
時にマナーの悪い他の客に苛々しながらも我慢して鑑賞していたことと思いますが、
昨今ではDVD&BDやネットによって、劇場公開から少し遅れつつも自宅で・安い料金で・
周囲に気兼ねすることなく自分自身のタイミングで鑑賞できる便利な時代となりました。

しかし、だからと言って映画館という文化が衰退した訳では決してなく、多少の不便はあれど
一般家庭では味わえない充実した設備と環境による臨場感を求める観客は絶えることなく、
かつての時代に比べ館数・来場者数は少なくなれど、愛好者が今も多いのは事実のようです。


ちなみに、私月華は今のところは自宅派

もちろんDVDレンタル等の方が安くて便利だから――という理由はありますが、
それに加えて、地元鹿児島県内の映画館のほとんどが遠く鹿児島市内に集中しており
いざ観に行くとなると意外に高い入場料プラス交通費が掛かってしまうという点が大きく
余程の話題作・期待作でもなければ、レンタル開始を待つだけというのが現状です。

今のところは

――と言いますのも、実は近日中に私月華の地元に映画館がオープンする予定でして、
その暁には交通費等の問題もクリアし、今よりずっと気軽に映画を観に行けるようになるはず。
以前にお話しした某珈琲店に続き、映画館まで地元に来てくれるなんて……凄い豪運。

次は是非、続報が一切耳に入ってこないハリウッド版零を、映画館で観たいものです。

******************************

「映画にはね、臨場感っていうのも大事なんだよ」

 

「うん、そうだね……。でもね、お姉ちゃん……
 私はそもそもホラー映画自体が好きじゃないって、何で分かってくれないのかな」

テーマ:その他 - ジャンル:その他

【 2017/04/09 15:50 】

| トラックバックな話 | コメント(11) | トラックバック(1) |
アヤ、完璧過ぎる第一印象は諸刃の剣だってよ。
 『他人を見た目で判断してはならない』という教訓が言い伝えられてはいるが
 それは飽くまでお互いの意思疎通を図れるまで進展した間柄においての事であり、
 初めて見えた他人の第一印象はやはり見た目で判断せざるを得ないのが現実である。

 例えば、愚直なまでに模範的な服装に生真面目な立ち居振る舞いの人間と
 自己主張著しい反社会的な服装に砕けた言動の人間と同時に知り合うならば、
 恐らく十中八九の者が前者に対してより友好的な印象を抱くことだろう。
 もし前者が倫理を逸脱した悪漢で後者が博愛精神に溢れた好漢だとしても、
 それを認識するに至るのは飽くまでファーストコンタクトを終えた、その先である。

 そして残念ながら、第一の印象は実に強く深く心に残り、覆すのは決して容易ではない。

 

 長らく慣れ親しんだ環境を離れ、只ならぬ緊張感の中で新世界に臨む春。

 各々が地元の中学校における6年間の義務教育を修了し
 晴れて《聖日女学園高等部》へと進学してきた生徒たちの前で
 学園独自の聖歌を披露したのは、学園きっての美少女・月守アヤだった。

 響き渡る美声に、目を奪われる美貌――
 天から二物も三物も与えられた“非の打ち所がない美少女”に対して
 十中八九のクラスメイトたちが第一印象をこう感じたと云う……。

 

 (((私、この子と結婚するんだ)))と――。

リサ「よく、将来の結婚相手と初めて会った瞬間にそう感じるって言うでしょ。
 だから私とアヤもきっとソレ……いわゆるビビビ婚ってやつよね

 

イツキ「その本家ビビビ婚は3年すら続かなかったんですけどねー」

 特に強烈な第一印象だが、それが絶対であると言い難いのも、また現実である。

...続きを読む

テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

【 2017/04/07 19:36 】

| ヌルい短編 | コメント(1) | トラックバック(0) |
FC2トラックバックテーマ 第2247回「好きな異性の髪型は何ですか?」
「俺が好きな髪型か……。そこはやはり女性らしく黒髪でサラサラのロングヘアかな」
「そうですか……」

 

 蓮は、長くなってきた髪を整えに近々美容院へ行こうかと言う累からの
 『ちなみに先生はどんな髪型が好きですか』という意味深な質問に対して
 本音を言うと別段趣味という訳でもない“縁遠い髪型”を挙げ、牽制するのだった。

******************************

“女性キャラの髪の長さが霊力の強さに比例する”という概念と
“霊力最強は初代ヒロインの雛咲深紅”との制作陣のこだわりから
巫女等の幽霊を除きショートカットな女性キャラが多い【零】ですが、
みなさんは異性のどんな髪型が好きでしょうか。

FC2トラックバックテーマ 第2247回「好きな異性の髪型は何ですか?」


ちなみに私月華(男)は黒髪でサラサラのロングヘアが好きです。

――あ。でも絶対という訳ではなく、
時には『ショートヘアも良いかな』とか『ポニーテールも似合ってる』とか
『ウェーブ掛かってるとゴージャスだな』とか『でも金髪もいいね!』とか、
男心のくせに秋の空のように時と場合によって変わってしまいます。

ってコレ……某女史のイメージチェンジそのままですね(笑)。

 

結論、好きな方ならどんな髪型でも良い(反則?)


さて、みなさんは異性のどんな髪型がお好きでしょうか。

******************************

「頑張って黒髪でサラサラのロングヘアにしてみたんですが、どうですか」

 

「さ、貞男~~~~ッ!!」

 予想外の衝撃の余り、危うく心臓麻痺で倒れそうになる蓮だった。

テーマ:その他 - ジャンル:その他

【 2017/03/26 18:35 】

| トラックバックな話 | コメント(8) | トラックバック(0) |
食い逃げの多い料理店! 無理矢理食べ物に絡めたエピソードが並ぶ【心霊食堂】。
みなさんは【深夜食堂】というドラマをご存知でしょうか。

1日が終わり人々が家路へと急ぐ夜12時から朝7時頃まで、食堂のマスターに身を窶したかつて『裏の世界にこの人あり』とまで言われた伝説の仕置き人たる主人公が、店を訪れた客から様々な依頼を受けて社会の影に潜む悪党共を薙ぎ倒していく、爽快痛快な勧善懲悪世直しドラマです。

 

――というのは真っ赤な嘘で、実際には“他人には言えない過去”を連想させる意味深な傷を持ったとても柔和で料理上手・聞き上手なマスターが営む食堂に、色々な事情を抱えた客が訪れては色々な料理に様々な人間ドラマを絡めて展開していくという人情ドラマ。現在までに4つのTVシリーズと2本の劇場版、更に韓国でリメイクもされておりご存知の方も多いのではないでしょうか。


さて、そこで今回ご紹介するのはコチラ、【心霊食堂】です。

 

女店主が店を訪れた客の注文に応じて、食べ物に関する恐怖エピソードを語って聞かせるという“心霊オムニバスホラー”作品――って、え……『冒頭で紹介した深夜食堂との関連は?』ですか……。だって、名前が似てるじゃん。※今更ですが、当ブログはこんなブログです。

それでは付いて来れる方だけ、張り切って参りましょう。

...続きを読む

テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画

【 2017/03/14 23:31 】

| ホラー映画 | コメント(3) | トラックバック(0) |
前ページ | ホーム | 次ページ