FC2ブログ
イツキの主演ミュージカルを狙ってみます。
 『女優』と一語で言い表しても、その活躍の場は多岐に渡る。

 テレビドラマに出演するのも女優、映画に写るのも女優、舞台に立つのも女優。
 当然ながら、メディアが変わった所で『女優』に要求されるのは“演技力”なのだが
 ただ純粋に演技力を追及されるコレ等と、些か趣を異にする『女優』も存在する。

 それが“演技力”と共に“歌唱力”をも求められる、ミュージカル女優であろう。
 『天は二物を与えず』という諺が在る世界で、異なる2つの才能を要求される
 ミュージカル女優という者が抱える苦難は、第三者では決して知る由も無い……。



ミチ「イツキ、最近元気がないみたいだけど……どしたの」
リサ「そうよ。私がアヤ愛を語って聞かせてる時も、ずっと上の空じゃない」

 

イツキ「うん……。実はあたし、8月から【赤毛のアン】ってミュージカルに出るんだ。
 2年連続の主演だから気が楽っちゃ楽なんだけど、やっぱり稽古が大変で……」

 新しい画像 (1)
 美山加恋女史主演ミュージカル【赤毛のアン】公式サイトはコチラ!

ミチ「凄いじゃん! あー、でも演技だけじゃなくて歌もあるし、大変だねえ」
リサ「ぶっちゃけ、アヤの歌声にばかり集中してて、イツキの歌って知らないかも。
 ねえねえ、良かったら今ここで、代表曲だけでも歌って見せてくれない?」

イツキ「えー……恥ずかしいけど、チョットだけなら……。――オホン、

 

 ♪とぅもろー♪」
 マヤ「それアニーや」

 

 イツキの本気か冗談かも分からないボケに、
 柄にもなく関西弁でツッコんでしまうマヤであった。

******************************

イツキの中の人(?)こと美山加恋女史が主演を努めるミュージカル【赤毛のアン】

 

8月15日から全国各地で順次公演される舞台の無料招待券は
公演エリアの協賛販売店等でのキャンペーン応募の他、
公式サイトからでも応募することが出来るようですので
興味のある方は是非奮って応募してみて下さいませ。

ちなみに、私月華は福岡公演を狙ってみます生の美山加恋女史に会いたい!


――あ、公式サイト経由の応募は6月30日締め切りですので、お早めに。

スポンサーサイト

テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

【 2018/05/25 03:00 】

| ヌルい短編 | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<怜の衣替えは服より酒です。 | ホーム | 月華の権利を剥奪します。>>
コメント
--- ---

更新お疲れ様です(^-^)
アニー笑いましたw
販売ではなく招待制なんですね。
美山加恋さんの癒し系の雰囲気がアン役にとても合っていると思います!
美山さんといえば昔『ちびまる子ちゃん』のドラマでたまちゃん役として出演しているのを見た以来だったので、女子呪で素敵に成長した姿を見て驚きました。
この度のミュージカル、美山さん推しの月華様には是非とも当選してもらいたいです。一読者として陰ながら当選をお祈りしています(^^)
千晴 * URL [編集] 【 2018/05/26 17:33 】
--- Re: ---

●千晴様へ
お越し頂きまして誠にありがとうございます☆

私自身、ミュージカルというモノを実際に鑑賞したことが無いのですが、“ミュージカル=とぅもろー♪”という認識だけは持っていたりします。まさしくアニーですね(笑)。という訳で【赤毛のアン】という物語自体もほとんど内容を知らないのですが、是非生の美山加恋女史……本物のミュージカルを観てみたいものです。当選しますように……。

【女子呪】をキッカケに女史のファンになって以来、少しばかり過去の作品を見つけてみたりしておりますが……世間では“天才子役時代”からの女史をきちんとご存知の方も多く、なんだか出遅れた感もありますね(笑)。女史の他にも、中条あやみ女史や森川葵女史など、【女子呪】を機に女優さんに興味を持ったり、様々なドラマや映画を観る際に出演者の名前をじっくり見るような癖がついたように思えます。ちなみに、前回の『あなたには●●を辞める権利があります』の元ネタでもあります、毎週土曜夜10時から放送中の日テレドラマには、アヤ&マヤの幼少期を演じた菊地麻衣チャン時々一瞬出ていたりもします
月華@コメント返信。 * URL [編集] 【 2018/05/26 18:19 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://absolutezero0808.blog93.fc2.com/tb.php/3170-30d58c56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |