イツキの大活躍を祝福します。
 かつて世界を狂わせた“大好き”の心。
 しかし世界を救ったのも“大好き”だった――。


 

 去る1月28日、1年間に渡って夢と希望とスイーツを届けてきた
 【キラキラ☆プリキュアアラモード】がいよいよ大団円を迎えた。

 思えば、町で人気のパティシエにフラれちゃった男の逆恨みから始まり
 遂には地球消滅の危機にまで至った、壮絶なる光と闇の戦いの歴史。
 ようやく終止符が打たれた矢先、本人を含め誰もが忘れ去っていた
 予想外のラスボスの出現に最後の最後で最大のピンチを迎えるも
 2人の次世代ヒーロー《プリキュア》の共闘によって、物語は幕を閉じる。

 そしてキャラクターたちはそれぞれの“大好き”を胸に未来へ羽ばたき、
 共に戦ってきた『中の人』たちもまた、それぞれの現実に戻って……


マヤ「イッちゃん、1年間ご苦労様でした♪ ……でもスイーツの食べ過ぎで
 水面に立てずに水没するぐらい太っちゃったんだねえ。ダイエットしなきゃ」

 

イツキ「だから、何度何度も言うけど太ってない!
 そもそも生身の人間は水面になんて立てないのッ!

マヤ「えー、そうかなあ。心なしか横に広がったように」

 

イツキ「プロデューサー、分かり難いレベルで
 微妙に画像を加工してんじゃないわよ!!」


 サーセン(笑)。

******************************

みなさんこんにちは、“大きいお友達”卒業します月華です。


さて――冒頭でご紹介しました通り、1年間に渡り日曜朝から放送されていました
美山加恋女史主演の【キラキラ☆プリキュアアラモード】が最終回を迎えました。

完全なる女史目当てで当番組を観始めました私月華。
ぶっちゃけ、過去13年間の前シリーズを1度も観たことがなく
予備知識一切無しの初心者でしたが、楽しく観させて頂きました。
ということで、これにてプリキュア卒業ということになりますが
長らく愛されてきたシリーズの末永い繁栄を心よりお祈りします。

――あ。3月7日リリースの劇場版までは観なきゃね!

 

それでは最後に、ホイップ・ステップ・ジャーンプ!

スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2018/01/30 15:02 】

| テレビな話 | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<天倉姉妹の節分は攻防戦です。 | ホーム | 進の秘蔵写真を公開します。>>
コメント
--- ---

1年間という長丁場のご視聴おつかれさまでした。
いままでのプリキュアシリーズの常識を覆して、肉弾戦のバトルを封印した路線だったそうですが、その分ストーリー演出にも工夫が見られたのかもしれませんね。
美山加恋さん女優人生にもよい経験になっていれば良いです。
あと、次回作の主人公もチラッと登場したらしいですが、大きい友達をつなぎ留めておく策もしっかりと忘れてはいませんね(製作サイド)。
2018年の「HUGっと!プリキュア」は子育てをテーマにしているそうですから、男子ファンの趣向には吉と出るか凶と出るかまだわかりませんが…。
いずれにしてもプリキュアシリーズの人気の安定さには毎度のことながら感心しますね。
バンドル太郎 * URL [編集] 【 2018/01/31 21:37 】
--- Re: ---

●バンドル太郎様へ
お越し頂きまして誠にありがとうございます☆

美山加恋女史の主演という点に見事釣られる形で視聴しましたプリキュア。長く愛されるシリーズの14作目にして今回初めての視聴……そもそも近年ではTVアニメを観る機会自体が少なくなっておりましたので、新鮮な気持ちでしたね。1年間と言うと長く感じますが、改めて全49話を振り返って見るとアッと言う間だったような気もします。初めこそ、主人公の台詞を聞きながら『女史はどんな感じでこのアテレコをしてるのかな』などと勝手に想像して楽しんでいました(笑)が、途中からはそのような雑念も無く観られるようになっていたので、恐らくキチンと作品にハマって観れたものと思います。とは言え、やっぱり“女史目当て”でしたので新シリーズを観る可能性は限りなく零に近いかなと(笑)。

今作での経験が、女史にとって良い想い出となり糧となりますように。そしてプリキュアシリーズも、今後より一層愛されますように。
月華@コメント返信。 * URL [編集] 【 2018/02/01 01:59 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://absolutezero0808.blog93.fc2.com/tb.php/3138-2f0032da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |