FC2ブログ
ノーサンキュー!押すなと言われて押すのが日本の伝統芸能ッ!!
アヤ「私は、女の子が女の子を好きになる気持ちなんて分からない……」

 

 その類稀な美貌によって多くの女子(同性)から恋慕を集めて止まない美少女・アヤ。
 しかし彼女にとっての不幸は“同性愛”という現代的恋愛を全く理解出来ないことと、
 彼女との同性婚を夢見て一方的に求愛し続ける鈴森リサという同級生の存在であった。

 それでも、日本人にとって難しいこととされる『NO』の意思表示を
 絶えることなく発信し続けることで、いつか理解して貰えると信じていた。が――

 

「やらないよ」
「無理無理」
「やらないってば(笑)」

リサ「コレってつまり、嫌よ嫌よも好きの内ってことよね。
 例えアヤが拒絶しようとも気にせず押せ押せってことだよね?」

 

ミチ絶対違うと思うけど……
イツキ「そもそも、アヤが拒絶したって気にしたことないよね?」

 アヤの努力も友人の指摘も虚しく、リサの暴走に歯止めが効くことはなかった。

...続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

【 2016/05/11 18:51 】

| ヌルい短編 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |