消費税増税~その時、自動販売機は…。
【零~月蝕の仮面~】においてのみ、セーブポイントは本来のセーブ機能だけではなく、
蓄積した撮影ポイントと様々な消費アイテムを交換できるという、もう1つの役割を持つ。
それはまるで巷に溢れる自動販売機のような手軽さ・便利さであった。

海咲

 生者の息吹も絶えて久しい《朧月島》という異世界に足を踏み入れた麻生海咲。
 裕福な家庭に育った彼女にとって“不便”こそが1番の大敵であり、
 俗世間から完全に隔絶された異世界はまさに“不便”を体現したかのような世界である。
 そんな中にあって彼女の希望の光となったのが、
 便利な自動販売機を彷彿とさせる消費アイテム交換機能だった。

 ――しかし便利さを求めて、毎回のようにアイテム交換を行う海咲は
 ふと……いつしか“ある疑問”を抱くようになっていた。

「円香……。最近思うんだけれど、コレって値段が上がってない?



 万葉丸1個で10,000ポイントなんて高いわよね。
 《朧月島》に来た最初の頃はもっとリーズナブルだったと思うんだけど」

 商品の仕入れ値の変動や物価の変動が日々起こる俗世間の卸売店舗なら未だしも、
 完全に隔絶された異世界に置いてある“自動販売機”の値段が、変動するのは妙である。
 放っておけばセーブポイントへの不平不満を蓄積させ、道行く関係のない幽霊を
 手当たり次第に訴えてしまいそうな海咲の苛立ちを見兼ね、円香は重い口を開いた。

「海咲……、実はね、世間では消費税というモノが施行されたのよ」



「人気のない離島のクセに生意気ッ!!」

※注意書き※アイテム交換の値段はゲーム難易度によって変動します。



みなさんこんにちは、来年4月より消費税8%が決定してしまいましたね。

アベノミクス効果によってようやく出始めた経済回復の兆しが
これによって腰を折られてしまわないかが最大の不安ですが、
一般消費者にとってはただ単純に商品の値段が上がることが悩みです。



ところで、1989年に3%の消費税が施行されるまでは100円均一だった自動販売機。



本来ならば消費税3%が上乗せされて103円となるはずでしたが、
『3円って小銭面倒臭くね?もういっそキリ良く10円にしようぜ』
とか何とかで110円になった――というのはよく聞く話です。

しかしその後、消費税が5%に引き上げられるや否や
消費者の目を盗んで120円に値上げした自動販売機
本来ならば『5円も面倒臭くね?10円のままで良いよね?』なはずが、
知らない内に独自に20%の消費税が導入されていることには不満を隠し切れません。

来年、8%に増税される消費税。自動販売機業界が
勝手に消費税30%を導入しないかが心配です。
スポンサーサイト

テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

【 2013/10/05 12:44 】

| ヌルい短編 | コメント(2) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ