2人の時代、再び。
 ――去る9月29日某所にて、衝撃の発表がなされた。
 それが、前作【月蝕の仮面】から2年を経ての、零最新作の情報である。
 今回もまたWiiでの発売、そして任●堂との共同制作という2点以外は一切の謎……
 と感じているのは残念ながら初見のユーザーのみ。
 少ないながらも公開された数点の画像からは
 2作目【紅い蝶】の移植もしくはリメイクということが火を見るより明らかだ。

零 新作(仮称)どこをどう見ても天倉姉妹

 しかし2年もの長き沈黙を破って出た新作情報に、世間は沸き立たざるを得ない。
 【刺青の聲】での出演を逃した繭にとって、これは実に喜ばしい2回目の登場となるはずだ。

「澪、新作が出るのよ私たちが出るのよ。いよいよ私たちの時代が」

 興奮を抑え切れない繭。
 だが、いの一番にこの喜びを分け合うべき妹は渋い顔で待っていた。

「――て事はだよ。まぁた私が村を彷徨って幽霊と戦ってお姉ちゃんの我が儘に振り回されるって事でしょ」

 澪からは溜め息しか出ない。
 ホラーゲームの主人公という立場はそれ即ち、
 誰よりも最も怖い思いをして大変な思いをするということである。
 【刺青の聲】のように、紅い蝶をフラフラと追えば良いというものではないのだ。
 澪の溜め息は深い。

「ああ……誰でも良いから、私の代わりに主人公やってくれないかなぁ」

 溜め息と一緒に零れる愚痴。

 ――そこへ、慌ただしい足音が近付いて来た。
 2人のもとへ飛び込んで来たのは、天倉螢だった。

繭、澪! 可愛い姪っ子たちばかりに辛い思いはさせない!新作では俺が主人公としてお前たちの代わりに

「お姉ちゃん、私やっぱり頑張るよ」
「うん。私も頑張って澪を振り回すわ」

 冗談など交わしながら、笑顔で去って行く天倉姉妹。
 天倉叔父はただ独り……立ち尽くすしかなかった。
スポンサーサイト

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

【 2010/10/01 17:17 】

| ヌルい短編 | コメント(3) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ