今日はなんの日。
【最終回:永久に幸アレ】

「天倉螢さん。私と……結婚して下さい

 それは突然の告白だった。
 2人の姪っ子たちの付き添いで黒澤邸を訪れた螢に、
 黒澤怜が自ら結婚という言葉を口にしたのだ。

 螢の心で鳴り響くウェディングベル。

「2人ともお幸せに」雛咲深紅が祝福してくれる。
「叔父さんおめでとう」天倉澪が祝福してくれる。
「叔父さんおめでとう」天倉繭が祝福してくれる。

 パチパチと拍手が響く。

「怜を頼んだぞ、螢」麻生優雨が祝福してくれる。
「良かったですね、天倉さん」雛咲真冬が祝福してくれる。
「悔しいけれど、幸せになって下さい」久世鏡華が祝福してくれる。
「一応祝ってあげるわ」氷雨が祝福してくれる。
「たまには他人の幸せを見るのも良いわね」水面が祝福してくれる。
「あうううう良い話ですぅぅ」時雨が祝福してくれる。

 拍手はやがて黒澤邸の外からも聞こえてきた。

「本当におめでたいです」水無月流歌が祝福してくれる。
「仕方ないわね。祝ってやるわよ」麻生海咲が祝福してくれる。
「絶対に幸せになれますよ」月森円香が祝福してくれる。
「先を越されたか。おめでとう」霧島長四郎が祝福してくれる。
「お若いって良いですね」水無月小夜歌が祝福してくれる。
「きっと大事にしなよ」灰原耀が祝福してくれる。

 螢と怜の2人を囲んで、皆が祝福してくれる。
 まるで某有名アニメのラストシーンのような、奇蹟の光景。

 螢の頬を一筋の涙が伝って――落ちた。



みなさんこんにちは。
【絶対零度。】、日々の暇潰しでのご利用ありがとうございます。

皆様の支え・応援によって、飽きっぽい私月華も今日まで頑張ってこれました。
そして誠に突然ではありますが、
当【絶対零度。】は本日をもって閉鎖することと相成りました。
みなさん今までのご利用誠にありがとうございました。

最後に、今まで酷い扱いだった天倉螢を祝福しつつ、最終回とさせて頂きます。
続きを読む↓より天倉螢の、その後の幸せ生活をどうぞ。

それではみなさん、またどこかで会う日まで。
...続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:自作小説(二次創作) - ジャンル:小説・文学

【 2010/04/01 11:43 】

| ヌルい短編 | コメント(1) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ