M県の心霊スポット…①
みなさんの周りに心霊スポットはありますか。

私月華の地元には、春になると満開の桜を魅せてくれるT山公園という場所があるのですが、
そこは他にも、頂上の展望台から幽霊が落ちてくるだの
数年前に公園のトイレで焼身自殺があっただのホラーな話題が多々あります。

今回は、以前勤めていた会社の同僚から聞いたホラーな話をご紹介。
『怖い話なんて聞きたくない』という方はご遠慮いただき、
『幽霊でもなんでも掛かって来いやー』という方は↓続きを読む↓よりどうぞ。
...続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:怪談 - ジャンル:

【 2010/02/11 10:51 】

| ホラーな話 | コメント(0) | トラックバック(0) |
M県の心霊スポット…②
前回ご紹介しました、M県の心霊スポット【コツコツトンネル】

なんと思いっ切り地元の人であらせられます
■緋い表紙の日記■蒼緋様から情報をお寄せ頂きましたので紹介したいと思います。
本当にありがとうございますッ★
(コメントでお送り頂きました内容をそのままの形で掲載させて頂きました。
 もし不適切との指摘を頂ければ即刻削除・訂正いたしますのでご連絡下さい)

それでは地元の方からの生のお話は↓続きを読む↓よりどうぞ。
...続きを読む

テーマ:怪談 - ジャンル:

【 2010/02/13 01:20 】

| ホラーな話 | コメント(0) | トラックバック(0) |
M県の心霊スポット…③
過去2回にわたり紹介してきました【M県の心霊スポット】

①回目……私月華がM県出身のH氏から聞いたお話
②回目……M県在住の蒼緋様より提供していただいたお話

③回目となります今回は私月華がM県出身のH氏から聞いたお話。

今後も教えていただいたホラーな話を中心に紹介しようと思いますので
よろしければ、みなさんの身の回りの怪談話や心霊スポットの話をお聞かせ下さい。
なにせ霊感まったくの零なものですから体験談なんて1つも無いのです…(汗)
...続きを読む

テーマ:怪談 - ジャンル:

【 2010/02/18 09:24 】

| ホラーな話 | コメント(0) | トラックバック(0) |
I県、謎のウサギ…。
しばらくの間、遠くI県で仕事をしていました月華です。
今回はその頃見つけた不思議なウサギについて。

当時、私月華が住んでいたアパートは会社から自転車で15分ぐらいの所。
途中には町の境目となる川があり、
その川沿いの道――堤防の上の道をいつも自転車で通っておりました。
堤防の下、河川敷には小さな公園のようなスペースがあり、
様々な動物を象った子供用の遊具が置いてありました。
その中に1つだけ、他とは違う不気味な雰囲気を漂わせる物が……。

それはウサギ型の遊具。
しかし【立入禁止・KEEP OUT】と書かれた黄色いテープ――
警察が事件現場を保存する時などに使用するテープでグルグル巻きにされた、
なんとも不気味な雰囲気のウサギ

どう見てもやり過ぎなグルグル巻き。
しかも遊具は数あれど、テープで巻かれているのはウサギだけ
小さな子供が跨って遊ぶ程度の遊具なので
動く・揺れるなどのギミックも高さも無く、万が一にも子供が怪我をする要因が見当たらない
結局のところ、何か呪われてるとしか思えないウサギの遊具

――その後、謎のウサギは他の動物たちと共に撤去されてしまいました。

あのウサギに何があったのかは知る由もありません。
百聞は笑い話。しかし一見はホラーなお話です。

テーマ: - ジャンル:

【 2010/03/04 15:22 】

| ホラーな話 | コメント(0) | トラックバック(0) |
私の弟は霊感体質。
みなさんは霊感ありますか。

私月華は霊感なぞ微塵もありません
多くの零ユーザーが体験するという不思議現象も何一つ体験しておらず、
このままでは幽霊が出ると曰く付きのマンションにさえ
平然として破格のお家賃で住めてしまいそうな勢いです。

しかし不思議と、そんな私とは対照的に霊感の強い弟

家の中(私も同居してる)で幽霊を見れば
仕事先で不思議現象を体験し
時に車の中でさえ遭遇するらしいです。

今回はそんな弟が仕事場で体験した不思議な話をご紹介。



当時弟が勤めていたのは24時間体制で稼動する大きな工場。
当然、昼間働く昼勤夜通し働く夜勤とに分かれて仕事しておりました。
ただ弟の職場は夜あまり仕事が無く、
下の階に上司、上の階に弟だけ……という仕事が多かったそう。

――その晩もいつも通り、広いフロアに一人ぼっちで仕事をしていた弟。

話をする人もいないので机に向かって黙々と仕事をしていると、
ふと、背後に人の気配が現れた。

下の階の上司が仕事の進み具合を見に来た――のだと思った。

特に声を掛けるでもなく近付いて来た気配は
やがて弟の背後で止まり、その肩越しに手元を覗き込んできた。

背中に感じる気配。
耳元に聞こえる息遣い。

いつまでも無言の相手に、
弟は言葉の一つでも掛けようと思い振り返った。

――だがそこには誰もいない

一瞬前まで確かに感じていた人の気配は、跡形も無かった。

階下へ降りるともちろん上司が仕事をしていた。
しかし上司は、弟の仕事場には一度も来ていないと言う。

2人しかいない仕事場で起こった、不思議な話……。



この工場には墓地を取り壊した跡地に造られたという曰くや
数々の幽霊目撃談、従業員の死亡事故など、
怪奇現象が起こるには十分すぎる要因がありました。

ちなみに私月華もこの工場に勤めておりましたが
一度として不思議な体験をしたことはありません

テーマ:不思議な体験 - ジャンル:

【 2010/04/11 15:59 】

| ホラーな話 | コメント(1) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ