逢世のバレンタインチョコレートを頂戴します。
 『あなたに渡したい物があります』――
 ある日突然、異性からこのような申し出を受けた時、
 あなたはただ戸惑うだろうか。ただ喜ぶだろうか……。



 放生蓮の場合、大いに戸惑うこととなった。

 『あなたに渡したい物があります』――と
 あろうことか2月14日の《バレンタインデー》のその日に、
 あろうことか黒澤逢世から突然電話が掛かって来たのである。

 

 日上山での神隠し事件は一応の決着を見せたとは言え
 その元凶となった災厄の中心的人物からの申し出に戸惑いつつ、
 しかし同時に絶世の美女からの甘い囁きに胸躍る気持ちもあり……

(もしかしたら何かの罠かも知れない。だが敢えて誘いに乗るのもテか……。
 ――累には内緒で、独りで行こう。いや決して下心など無く、もしもの時を考えてだな)

 と、不安半分・期待半分で単身彼女の許へ赴くのだった。


逢世「来てくれてありがとうございます、邦彦さん
 今日は是非、私の手作り貯古齢糖を渡したくて……」

 

麻生邦彦「ありがとう逢世。でもこれは食べずに大事に取っておくよ」
逢世「まあ。来年にはまた新しい物を作りますから、食べて下さいな」

麻生邦彦「よぉし、じゃあ2人で半分こして食べよう♪」
逢世「良いですね。それではアーンして差し上げます♪」


「……他人のキャッキャウフフを間近で見せ付けられるほど鬱陶しいことは無いな。
 道理で、書生服を着て来るようにと言われる訳だ。早く成仏してしまえ先祖の霊

 ベッドに

「先生、口の周りにチョコレートが付いてますよ。何処の馬の骨からですか?」

 言い様のない虚無感を抱きながら帰宅した蓮は、その後累から執拗な尋問を掛けられ
 『バレンタインデーなんか無くなってしまえ』と心の底から強く恨むのであった。

******************************

みなさんこんにちは、まだまだチョコレート募集中!の月華です。


先日の2月14日は《バレンタインデー》でしたが、恋愛的な収穫・発展はありましたか。
今年は本番前に某チョコレートメーカーが『義理チョコをやめよう』との声明を発表、
義理チョコは是か非かとの論争を起こし、一味違うバレンタインになったと思います。

私月華の個人的な意見としましては、義理チョコを贈りたい人は贈れば良いし
義理チョコだと分かっていてもホワイトデーに返したい人は返せば良い
んじゃないかなと。
本音を言うと、義理チョコが無くなると私月華のような非モテ男がより寂しくなるので(笑)。

ちなみに私月華は、バレンタイン云々関係なくチョコレートは好きなので
もし渡し損ねた・作り損ねたチョコレートが余っている方は是非下さい(爆)。

スポンサーサイト

テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

【 2018/02/16 15:51 】

| ヌルい短編 | コメント(2) | トラックバック(0) |
FC2トラックバックテーマ 第2383回「今年は戌(いぬ)年!あなたの好きな犬の種類は?」
海咲「わたし、元気になって退院したら大きな可愛い犬を飼いたいな!」

 

朔夜「あら、良いわね。私も元気になって会いに行くわね」

 海咲と朔夜が病室で交わした、他愛のない細やかな約束――。
 残念ながら果たされることの無いまま忘れ去られてしまったが
 将来、まさか円香という少女が犬の代わりを担うことになろうとは、
 この時の純粋な2人はどちらも予想だにしていなかったという。

******************************

みなさんこんにちは、大型犬好きな戌年の月華です。


近年は空前の猫ブームとなっており、戌年なのになかなか犬の出番がない2018年。
でも、このままではイケナイ! ということで今回は犬の話題です。来たれ犬好き!

第2383回「今年は戌(いぬ)年!あなたの好きな犬の種類は?」


それでは、私月華の好きな犬種ランキングをご紹介。

第1位:シベリアン・ハスキー
第2位:ジャーマン・シェパード・ドッグ
第3位:ドーベルマン
特別枠:柴犬(日本人なので)


まさに大型犬LOVE。中でも、時に危険とされる犬種が好きで
牙を剥き出して威嚇している御姿でさえ萌えるぐらい愛おしく、
ハスキーになら噛み●されても本望です←ちょっとヤバい(笑)

ちなみに、小学校低学年の頃、
近所に顔を合わせる度に吠え立てる怖い犬(たぶん柴犬)がいたのですが
ある日の学校の帰り道に、その犬が鎖が外れて放し飼い状態の所へ遭遇。
どれぐらいの時間だったか、泣きながら追い駆け回された経験があります。
つい先日、母親にふと話してみると『初耳』とのことだったので
噛まれた等の被害は無かったと思います(噛まれたら一大事)が
『よく犬嫌いにならなかったね』と感心されるぐらい、今でも犬大好きです。

みなさんは犬、好きでしょうか。

 

【もののけ姫】が好きなのも、山犬兄弟の愛らしさが1つの要因(笑)。

テーマ:その他 - ジャンル:その他

【 2018/02/10 19:26 】

| トラックバックな話 | コメント(0) | トラックバック(0) |
FC2トラックバックテーマ 第2377回「あなたの弱点は?」
「ぼ、僕は……姉さんが、苦手……」

 

真由美「まあ、崇ったら何てことを! 饅頭怖いと言うのと同じで、
 つまりお姉ちゃんのことを心から愛してるって言うのね! 嬉しい!!

 恍惚とした笑顔で力強く抱き締める姉に戸惑いと怯えを隠せず、
 恐る恐る『じゃ、じゃあ……姉さんが、大好き』と言い換えてみるも
 ソレはソレでしっかり鵜呑みにされ、成す術の無い崇であった。

******************************

みなさんこんにちは、弱点も個性だと開き直りたい月華です。


『地震・雷・火事・親父』と言えば、ほとんどの方が抱く“恐怖の象徴”。
他にも十人十色、苦手なモノというのはそれぞれ在るものと思いますが
ホラー好きな人がいれば嫌いな人もいる、寒さに強い人がいれば弱い人もいる、
など……まさに育ってきた環境が違うから好き嫌いは否めないのが現実です。

という訳で今回は、あなたの弱点は何でしょうかというお話。

第2377回「あなたの弱点は?」


ちなみに私月華の弱点は

先ず今冬のような厳しい寒さを筆頭に、サツマイモ・カボチャのような粘り付く甘さの食べ物
格闘・アクションのように反射神経を要するゲーム、ラブロマンス一辺倒の感動押し売り映画
最近の洗剤や化粧品の放つ不自然な匂い、初対面もしくは面識のあまりない人との付き合い

などなど沢山あったりするのですが、やはり1番はメンタルの弱さですね。
仕事でもプライベートでも1つの失敗をいつまでも引き摺り過去の失敗も蒸し返し
独り勝手に奈落の底までテンションをダウンさせてしまう傾向にありますので
典型的な“褒めて伸びる”どころか、“叱ると挫ける”タイプの人間だと自負しております。

このような性格・弱点は自分自身でもどうにか改善したい所ですが
治したくとも変えたくとも、なかなか簡単にはいかないのが現実……。
あーあ、某RPGのボスみたいにピキーンと一瞬で変えてみたいものです。

 

みなさんの弱点は何でしょうか。

テーマ:その他 - ジャンル:その他

【 2018/02/06 10:25 】

| トラックバックな話 | コメント(0) | トラックバック(0) |
天倉姉妹の節分は攻防戦です。
 《恵方巻》とは、節分の日に食する縁起物の巻き寿司である。
 その年の恵方に向かい、切り分けず丸ごと、無言で一気に、
 願い事を思い浮かべながら食べることが習わしとされる。



「朝陽が上ってきた、アッチがの方角だよね」
「じゃあ、アッチに向かって食べるよお姉ちゃん」

 そして繭と澪は、真顔で巻き寿司に噛み付いた。

 朝陽に照らされる澪と繭

繭(永遠に澪と一緒にいられますように永遠に澪と一緒にいられますように永遠に澪と一緒にいられますように永遠に澪と一緒にいられますように永遠に澪と一緒にいられますように……
澪(早くお姉ちゃんが自立しますように早くお姉ちゃんが自立しますように早くお姉ちゃんが自立しますように早くお姉ちゃんが自立しますように早くお姉ちゃんが自立しますように……


「私は、早く足が治って自立できますように、ってお願いしたけど。澪は」
「もちろん、お姉ちゃんとずっと一緒にいられますように、ってお願いしたよ」

 

 お互いの本音を知る由もなく、以心伝心を喜び合う双子姉妹。
 しかし恵方を間違った所為か、2人の願いが叶うことはなかったという。

 2018年の恵方は南南東

******************************

みなさんこんにちは、どうせ食べるなら豆より巻き寿司な月華です。


さて、先日の《節分》は如何お過ごしだったでしょうか。

10月のハロウィンと同じく、突然現れたかと思えば瞬く間に浸透した《恵方巻》。
しかし、季節になると店頭従業員に膨大な数の販売ノルマが課されたり
結局売れ残った商品を大枚を叩き廃棄しなければならなくなったり――と
毎年のように店側・客側から様々な指摘や愚痴が聞こえても来るようです。

私月華的には、独り身で豆撒きなんかしたら寂しくて死んじゃいそうなので
“ただ巻き寿司を食べるだけ”という《恵方巻》の習慣は都合が良いですけどもね。

ちなみに、本当に“ただ食べただけ”で願い事なんかは一切してません(笑)。

テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

【 2018/02/04 23:03 】

| ヌルい短編 | コメント(0) | トラックバック(0) |
イツキの大活躍を祝福します。
 かつて世界を狂わせた“大好き”の心。
 しかし世界を救ったのも“大好き”だった――。


 

 去る1月28日、1年間に渡って夢と希望とスイーツを届けてきた
 【キラキラ☆プリキュアアラモード】がいよいよ大団円を迎えた。

 思えば、町で人気のパティシエにフラれちゃった男の逆恨みから始まり
 遂には地球消滅の危機にまで至った、壮絶なる光と闇の戦いの歴史。
 ようやく終止符が打たれた矢先、本人を含め誰もが忘れ去っていた
 予想外のラスボスの出現に最後の最後で最大のピンチを迎えるも
 2人の次世代ヒーロー《プリキュア》の共闘によって、物語は幕を閉じる。

 そしてキャラクターたちはそれぞれの“大好き”を胸に未来へ羽ばたき、
 共に戦ってきた『中の人』たちもまた、それぞれの現実に戻って……


マヤ「イッちゃん、1年間ご苦労様でした♪ ……でもスイーツの食べ過ぎで
 水面に立てずに水没するぐらい太っちゃったんだねえ。ダイエットしなきゃ」

 

イツキ「だから、何度何度も言うけど太ってない!
 そもそも生身の人間は水面になんて立てないのッ!

マヤ「えー、そうかなあ。心なしか横に広がったように」

 

イツキ「プロデューサー、分かり難いレベルで
 微妙に画像を加工してんじゃないわよ!!」


 サーセン(笑)。

...続きを読む

テーマ:アニメ - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2018/01/30 15:02 】

| テレビな話 | コメント(2) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ