FC2トラックバックテーマ 第2232回「口癖ってありますか??」
「うぅ~ん……澪、足が痛いよぉ……ムニャムニャ
「……お姉ちゃん。ソレ言い過ぎてただの口癖になってる……」

 

 足の痛みなど全く感じていないであろう姉の穏やかな寝顔を覗き込みながら、
 今後彼女の言葉をどこまで信じれば良いのだろうか――と独り悩む澪であった。

FC2 トラックバックテーマ:「口癖ってありますか??」


みなさんこんにちは、『面倒臭い』が口癖の“スロウス”月華です。

《口癖》と言えば、普段から常用・頻用する余り“つい出てしまう”言葉で
現実ではその人の性格や人となりを客観的に判断する1つの要素となり、
漫画やゲームにおいては『こんな奴いねーだろ』とツッコまれてしまうほど超個性的な
一人称や語尾
よりも自然なキャラクター作りを担ってくれる重要アイテムでもあります。

しかしそんな重要なモノでもあるからこそ、時に他人から嫌われる原因にも成り得る訳でして……
今回はネットで《嫌いな口癖トップ5》というものを見つけてみました。みなさんは大丈夫でしょうか。


嫌いな口癖 第1位『は?』
 相手に聞き返す、不満を露骨に表現する場合に使用される『は?』。
 ちなみに私月華は相手の言葉を聞き逃した際に『え』とか『ん』と言ってしまいますが
 会社の飲み会で社長に対してコレを出した時には流石に注意されましたね……(汗)。
嫌いな口癖 第2位『お金ない』
 コチラは1994年に放送された織■裕二主演のドラマで……え、違う?
 ――改めますと、食事や飲み会を『お金ない』と断られると嫌な気分になるとか。
 まあ、折角誘ったのに断られるのは良い気分ではありませんが、同情するなら金をくれ
嫌いな口癖 第3位『別に』
 意見や評価を求めた際に素っ気なく返される無感情な『別に』。確かに腹立たしいですが、
 この時点で“嫌う”より先に“嫌われている”と受け取った方が良いのかも知れませんね。
嫌いな口癖 第4位『ウケる~』
 私月華のような“若者と言い難い世代”は『面白い』というプラスな意味で捉えがちですが
 その実は引いたり馬鹿にしたり……とかなりの多岐に渡って使用される現代っ子言葉。
 幸か不幸か、コレを使うほどの若い世代との交流はないので、目の当たりにしたことはありません。
嫌いな口癖 第5位『でも~』
 どのような話題を振っても、返す刀で鋭く話題を擦り替えてしまう『でも』。
 普通にキャッチボールしてたらいきなり変化球投げて来やがった!的な感じ。――違うか?


――という感じで、本人にとっては無意識の内に“つい出てしまう”言葉でも
相手によっては不快に感じてしまうこともあり、気を付けなければならない口癖。
私月華の口癖『面倒臭い』も嫌われる傾向にあるので、気を付けたいと思います。

って言う前に、会話するほど親しい相手がまず居ないんですけどねー……。

 
スポンサーサイト

テーマ:その他 - ジャンル:その他

【 2017/02/18 23:43 】

| トラックバックな話 | コメント(2) | トラックバック(0) |
FC2トラックバックテーマ 第2229回「行ってみたい国はどこですか??」
リサ「卒業旅行としてクラス全員で、是非オランダに行きたいです」

 

 卒業を目前に控えたある日のホームルーム。
 出来心からふと議題に上がった“卒業旅行”に関して笑顔で挙手したリサの
 『そしてあわよくば現地でアヤと同性婚を果たしたい』という邪念を感じ取り、
 同じくアヤに恋するライバルたちもまた、これに負けじと奮起するのだった。

******************************

みなさんこんにちは、現役学生の頃に英語検定4級で見事な不合格を果たし
『英語は地球語』と言うならばこの地上に居場所は残されていない、月華です。

第2229回「行ってみたい国はどこですか??」


突然ですが、みなさんは何処か行ってみたい国はありますか。

私月華が是非行ってみたいのが――当ブログを長らくご覧になっており
時折出てくる《少女時代》の話題を目にしたことのある方々が予想する通り、韓国です。
敬愛する《少女時代》を育んだ国としてだけではなく、独特の雰囲気を持つドラマや映画、
そして何より赤くて辛い食べ物が大好きな私月華にとって実に興味深く、強く憧れます。
ちなみに、来週には《少女時代》で最も敬愛する末っ子様がソロコンサートを予定しており
日本のファンに向けてコンサート参加込み訪韓ツアーが案内されていたのですが、
お金がない・時間がない・語学力がない・パスポートもない等の問題目白押しで断念orz
鹿児島空港から2時間足らずで行けるお隣・韓国……いつか行ってみたいものです。

余談ですが、私月華が行ったことがあるのは中国のみ(高校の修学旅行)。
大気汚染の為か、滞在期間中にお天道様を1度も拝めなかったのは良い想い出です(笑)。

******************************

アヤ(オランダ……。もしもの時すぐ国外脱出できるように、
 隣のイギリスに住んでるお祖母ちゃんに連絡しとこかな……)

 

 美少女の杞憂は尽きそうにない――。

テーマ:その他 - ジャンル:その他

【 2017/02/16 23:00 】

| トラックバックな話 | コメント(2) | トラックバック(0) |
鵺、バレンタインにドッキリを仕掛けるってよ。
 2月14日は《バレンタインデー》

 チョコレート等のプレゼントと共に“女性が意中の男性に対して愛情を示す日”と
 一般的にされているが、それは飽くまで商業主義が煽動した日本独特の形式であり、
 その起源に男女の区別は無く、ただ“恋人同士が贈り物を交換する日”だと云われている。

「ってゆー事だから、女子共が下らねえビジネス・バレンタインのカモになる前に
 俺から特別にド義理なチョコレートを送ってやるから、有り難く受け取れ後輩共」

 

 鷲月沙羅を始めとする《近代建築研究ゼミ》に属する女子一同を
 傲慢な態度で呼び付けたのは、大学4年の先輩・鵺遠流だった。

 同じゼミに属する先輩後輩の間柄ではあったが、同じく4年の雨沼鳴海と共に
 “近付き難い(近付きたくない)根暗キャラ”である彼との親密度は限りなく零に近く、
 その謎だらけの本心に戸惑いながらも、次なるアクションを待つしかなかった。

 そして、鵺は――

 

からチョコレート発射!!!!」

 

沙羅「きゃああーーーッ!?」

紅湖「ナニコレ最低、センパイ最悪ッ!」
涼森「美鳥先輩、思い切り刻んじゃって下さい!!」

刃沢「応さ、強制成仏!!」

 こうして鵺遠流は、隠し持っていた『ドッキリ大成功☆』の看板を持ち出す暇無く、
 時に悪霊すら殴り飛ばす刃沢美鳥の怒りの鉄拳によって、半殺しの目に遭うのであった。

 結論――ドッキリや悪戯は、気心の知れた友達間で行いましょう。
...続きを読む

テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

【 2017/02/14 01:05 】

| ヌルい短編 | コメント(2) | トラックバック(0) |
アヤ、遂に大人の仲間入りを果たしたってよ。
 

 去る2月4日――福井県の女子高生たちによるチアリーダー部が
 全米チアダンス選手権で優勝するという奇跡のような実話を基にした映画・
 【チア★ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇(略)~】の試写会が行われ、
 この日20歳の誕生日を迎えた出演者・アヤの中の人(?)こと中条あやみは
 詰め掛けた観客からサプライズの祝福を受け、感動を禁じ得なかったトカ……。


メリーさん「アヤちゃんももぅ大人かあ。あなた達も含めて、これからの成長が楽しみねえ」
イツキ「ええ、まぁ……。私はいつまでこの制服を着なきゃいけないのかが不安ですけど」

 

 近年、投票権の年齢引き下げによってその境界線が曖昧になりつつあるも
 一般的にも法的にも、満20歳を迎え“少女を卒業する”ことで成人――大人となる。
 未成年故の制限から解放され、大いなる自己責任と新たなる自由を手にすることで
 人は更なる成長・変化・飛躍を遂げ、まだ見ぬ輝かしい未来に胸躍らせるのであった。

 しかしまだ見ぬが故に、大きな期待と共に大きな不安を抱える者も少なくはなく、
 一足先に成人を迎え、今年初めに無事成人式を終えたイツキの不安な顔を
 実はとっくの昔に“少女を卒業していた”親友のリサが笑顔で覗き込んだ。

リサ「でもこれで晴れて、淫行罪を気にせず猛アタック出来るってことよね♪」

 

イツキ&メリーさん「「え……法令遵守した上で今までの言動なの?」」

 未成年故の保護から見放されたアヤと、それに伴う限界突破を宣言するリサに
 その場に居合わせたイツキたちは不安どころか恐怖を禁じ得なかったトカ……。
...続きを読む

テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

【 2017/02/12 23:56 】

| ヌルい短編 | コメント(2) | トラックバック(0) |
FC2トラックバックテーマ 第2222回「なんかついてるなと思う瞬間はいつですか?」
「累……お前まさか、ツイていない……?
 やっぱり他人には言えない複雑な病気なのか!?」

 

上と下のドッチの事を言っているのか分かりませんけど、絞めますね

第2222回「なんかついてるなと思う瞬間はいつですか?」


みなさんこんにちは、今年の初詣で『末吉』とかゆー良くも悪くもない
超微妙な御神籤を引き当ててしまいある意味ツイていない
月華です。


――『あれ?確か前回も同じ挨拶で同じ話を始めなかった?』と不意のデジャヴに襲われ
確認の為に画面を下へスクロールしてしまいましたみなさん、安心して下さい正解(?)です

と言いますのも、前回全く同じ挨拶で全く同じ話をした中で『全然ツイてない』と
賢しらに僅かな不運を見せびらかした私月華でしたが、後々によ~く考えてみると
2017年ではありませんがとてもツイている事態があったので、改めて記事にしてみました。


先ず初めに、みなさんは《シロノワール》で有名な
名古屋発祥のコーヒーチェーン店をご存知でしょうか。

 
...続きを読む

テーマ:その他 - ジャンル:その他

【 2017/01/31 20:27 】

| トラックバックな話 | コメント(2) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ