食い逃げの多い料理店! 無理矢理食べ物に絡めたエピソードが並ぶ【心霊食堂】。
みなさんは【深夜食堂】というドラマをご存知でしょうか。

1日が終わり人々が家路へと急ぐ夜12時から朝7時頃まで、食堂のマスターに身を窶したかつて『裏の世界にこの人あり』とまで言われた伝説の仕置き人たる主人公が、店を訪れた客から様々な依頼を受けて社会の影に潜む悪党共を薙ぎ倒していく、爽快痛快な勧善懲悪世直しドラマです。

 

――というのは真っ赤な嘘で、実際には“他人には言えない過去”を連想させる意味深な傷を持ったとても柔和で料理上手・聞き上手なマスターが営む食堂に、色々な事情を抱えた客が訪れては色々な料理に様々な人間ドラマを絡めて展開していくという人情ドラマ。現在までに4つのTVシリーズと2本の劇場版、更に韓国でリメイクもされておりご存知の方も多いのではないでしょうか。


さて、そこで今回ご紹介するのはコチラ、【心霊食堂】です。

 

女店主が店を訪れた客の注文に応じて、食べ物に関する恐怖エピソードを語って聞かせるという“心霊オムニバスホラー”作品――って、え……『冒頭で紹介した深夜食堂との関連は?』ですか……。だって、名前が似てるじゃん。※今更ですが、当ブログはこんなブログです。

それでは付いて来れる方だけ、張り切って参りましょう。

...続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画

【 2017/03/14 23:31 】

| ホラー映画 | コメント(2) | トラックバック(0) |
イツキ、長い長い戦いが始まったってよ。
 決して、女の子に言ってはいけない言葉がある――。

マヤ「イっちゃん……もしかして、また太った

 

 今から遡ること、2年前の夏――。

 心も体も体型の変化に過敏にならざるを得ない思春期真っ只中にも関わらず
 元々“太り易い”とされる深夜帯に、更に“高カロリー”と知られるラーメンばかりを
 しかも1回の放送で2杯食べるというドラマに出演し、1ヵ月という僅かな期間ながら
 クラスメイトたちが心配するほどの見事なまでの体重増を果たしてしまったイツキ。

 その後も2度ほど臨時招集が掛かりラーメンを食べ歩く機会はあったものの
 そこは幼少期から培ってきた持ち前のプロ根性で以前のプロポーションを維持し、
 身近なクラスメイトたちにもノンデリカシーなマヤにも付け入る隙を与えなかった。

 ――ハズ、だったが……。

 

イツキ「なッ――まままたって何よ! 前回は一足遅れの駆け込み成長期で、
 今回はたまたま、この制服が最強レベルの膨張色だから、そう見えるだけよ!

 明らかに狼狽するイツキを、“膨張色”という人里離れた貯水場で独り過ごす7歳児では
 到底聞き知る機会のないハイカラな言葉に、『ふーん、そうなんだー』と素直に頷くマヤ。

 しかし数日後、この話を学園一の美少女にして秀才の妹・アヤに披露した所、
 膨張色とは白色などの暖色系であって、対照的に寒色系は逆効果の“収縮色”とされて
 学園の漆黒色の制服はその頂点であると聞き、意気揚々とイツキをからかいに行くのであった。

...続きを読む

テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

【 2017/03/08 22:34 】

| ヌルい短編 | コメント(1) | トラックバック(0) |
月華、姉妹ブログを立ち上げたってよ。
「お憑かれ様ですこんばんは。1日の終わり、勉強に仕事にお疲れのみなさんへ
 零に関するニュースをお伝えする《NEWS零》のお時間が久々にやって参りました。
 キャスターは私――世間は“春眠暁を覚えず”と言いますが、私の場合は夏も秋も冬も変わらず
 暁を覚えないどころか過去の暁さえもうすっかり忘れ気味
な、瀧川吉乃テルが努めて参ります。

 

 それでは今宵のトップニュースはこちらです」

シュールなコメディ一辺倒の作風でお馴染みの月華がプロデューサーを務め、今年8周年を迎えるブログ【絶対零度。】に新展開!近年小ネタばかりにひた走る余りすっかり鳴りを潜めていた“小説ブログ”としての再出発をすべく、中長編小説掲載を目的とし、“小説が読み易いブログ”を目指す姉妹ブログ【絶対深度。(仮)】が満を持してオープン!!過去の作品から新作まで、もしかしたら完全オリジナル作品も掲載するかも知れないコレさえあれば、こんな小ネタブログはもう用済みだッ!?現在正式なブログ名を募集中ですので、みなさん奮ってご応募を!それでは今後【絶対零度。】に取って代わる【絶対深度。(仮)】のURLはhttp://abs0mania――

「……
 ……
 ……

 

 あっと、そう言えば3月3日は【劇場版 零~ゼロ~】のBD&DVD発売から2周年でしたね!
 こんな何を言っているのかわからねーニュースなんかはブログの片隅にでも放って置いて、
 2周年の喜びに沸く学園にインタビューしに行ってみましょう!それでは今宵はこの辺で!
...続きを読む

テーマ:その他 - ジャンル:その他

【 2017/03/04 12:36 】

| その他 | コメント(2) | トラックバック(0) |
アヤ、新生活を応援するってよ。
 春なのにお別れですか。春なのに涙が零れます――

 

 季節が“冬”から“春”へと移り変わり、学生や社会人を問わず
 多くの人々が寂しい別れと新しい出逢いに一喜一憂する3月。

 ここ《聖日女学園》においても、最高学年に達した多くの生徒たちが
 長年寝食を共にしてきた級友と寄宿舎に惜しみつつ別れを告げ、
 また新たな生徒たちが入れ替わるようにやって来るのだが……

 いかんせん、昨今の少子化傾向で多くの教育施設がそうであるように
 学園も年々新入生の数が減少の一途を辿り、それによって経営難に直面。
 学園長はこの危機的状況を打開すべく学園のPR活動に乗り出すこととなり
 その白羽の矢が立ったのが、学園が誇る絶対的美少女・月守アヤであった。

「Go Go 新生活!Enjoy 新生活!Uh~~~~、Let's go!!」

  

リサ「新・・活!!」

 

 月守アヤを起用したPR活動は見事功を奏し新入生の爆発的増加を招くが、
 それと同時に彼女へのストーカー被害が超新星爆発的に増加したという……。
...続きを読む

テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

【 2017/03/02 11:03 】

| ヌルい短編 | コメント(1) | トラックバック(0) |
FC2トラックバックテーマ 第2235回「どんなゲームが好きですか?」
アヤ「ちょっと前に、リサからお薦めのゲームを渡されて、やってみたの。
 で、それがガチ百合系の18禁恋愛ゲームだったんだけど――どう思う?

 

ミチ(頑ななアヤに目覚めてくれと放たれたんだと思う)

 長年の健闘も虚しく一向に功を奏しない正攻法(?)に業を煮やし
 “押して駄目なら引いてみろ”の変化球へ移行としたリサであったが、
 そもそも一片の興味すら持たないアヤにとって刺激の強過ぎた体験は
 彼女の心にトラウマを刻み、拒否反応を更に強めたのは言うまでもない。

ミチ(でも律儀にプレイしたんだ……)

第2235回 「どんなゲームが好きですか?」


みなさんこんにちは、最近トラックバックテーマで間を繋ぎ過ぎな月華です。
だってなかなかネタが浮かばないし浮かんでも書く気力と時間が無いしコッチの方が楽だし、仕方ないじゃない

という訳で、まだ懲りない今回のテーマは『どんなゲームが好きですか?』との事ですが……
ご覧の通り、【零】をメインとした当ブログを営む私月華は勿論、ホラーゲームが好きです。

はい、終了~。

――とは流石に行かないので、他にもどのようなゲームが好きか、まとめてみました。


好きなゲーム①《RPG》
 近年では某国民的シリーズがアクションRPGとしか思えないほどの様変わりをしておりますが、
 私月華が好きなのはテクニックは必要なくレベルを上げて物理で殴るだけでOKな類のRPG。
 ぶっちゃけアクションRPGも好きなのですが、生粋のアクション下手なので挫折することも多く
 それに比べ、ある程度の知能と時間さえあればクリア出来る従来型RPGは取っ付き易いですね。
 ちなみに現在はスマホで【DFFOO】をプレイしておりますが、戦闘は基本的にオートです(笑)。
好きなゲーム②《アクション》
 ――つい先程、『生粋のアクション下手』と言っておきながらアクション好きとは何ぞや……
 とお思いの方も多いかと思われますが、アクションは下手なだけで決して嫌いではない
 『好きこそものの上手なれ』という素敵な諺を根底から覆してしまっております月華です。
 とは言え、例え好きでもそこはやっぱり下手なので挫折することも多々あるのですが
 弟がアクションを得意としており、某有名狩りゲーのような協力型マルチプレイでは
 下手なりにもそこそこ頑張ることが出来るというのが不幸中の幸いと言った所ですね。
好きなゲーム③《対戦格闘》
 はい、コチラも下手だけど好きなジャンルであり、加えて弟が得意とするジャンル。
 ちなみに私月華は負けず嫌いな性格でもあったりするので、弟から対戦を挑まれたとしても
 基本的に勝ち目が無いので“対戦しない”、又は不真面目プレイで“本気にならない”等で
 自己防衛に努めており……『格闘』は好きだけど『対戦』は嫌いと言った方が正確かも(笑)。


 という感じでまとめてみましたが、如何だったでしょうか。
 こうして見ますとゲーム自体は好きだけど得意なジャンルは絶望的に少ない私月華。
 密かに過去に1度も挑戦したことのない“やらず嫌い”なジャンルが多いので、もしかしたら
 実際にプレイしてみたら意外な才能を見つけられる可能性もあるんじゃないのかなどと
 自分自身の未知なる可能性を勝手に高める妄想をしつつ、プレイしないんだろうな(爆)。



アヤ「それで、こっちは一緒に貸してくれたRPGなんだけど、
 主人公の名前がリサで、ヒロインの名前がアヤになってるのよね……」

 

ミチ「本当だ……イツキにカスミにワカもいる。――あれ、私は??

 アヤと同じく主演を努めたにも関わらず明らかな冷遇に曝されたミチは
 劇中でアヤと唇を重ねたことに対するリサの根強い嫉妬を感じて、身震いした。

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

【 2017/02/25 21:40 】

| トラックバックな話 | コメント(5) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ